スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第1回のパレード参加、ありがとうございました。

第1回のパレードへの参加、そして応援、
どうもありがとうございました。
約150人もの方が集まってくださり、
その後の勉強会にも大変多くの方が残ってくださり、
とても感動しました。

しかし、至らなかった点も多くあり、
次回のパレードに向けて、今週も詰めていく予定です。
懲りずに、どうぞよろしくお願い致します。

すいません、なぜ今、新しく更新しようかと思ったかといいますと、
コメント欄のことです。
今まで、いろんな議論が起こっているのを、
そのままにしておきました。
いろんな意見の方がいていいし、確かに私たちも、
そうした方の意見から学ぶこともあるかと思いました。
実際、パレードに反対する方の中にも、
参考になるご意見もあり、ありがたかったです。

でも、中には人を傷つけることを目的としているとしか思えないコメントもありました。
傷つかなかった、と言えばウソになりますが、
書かれた方以上に、傷つく人はいないです。
私も、たくさんの人を傷つけてきました。
でも、その傷は、結局のところ、ぜんぶ私に返ってきていました。

私たちはもうそろそろ、傷つけ合うことよりも、
分かち合うことを学ぶときだと思います。
ネット上の議論で、それができるかというと、
なかなか難しいところがある、と私は感じました。
やはり、顔と顔とで面と向かい、表面的な意見の違いはあったとしても、
その根底には同じ何かが流れていると、わかったとき、
きっと、お互いにとって意味あるaufhebenが起こるんだと思います。

勉強不足を指摘される方もいらっしゃいました。
仰せの通りです。
原発の危険について、今まで本当に気づかずに、
私は何をしてきたんだろうと、反省しきりです。
すいませんでしたと、声を大にして叫びたいです。
これから、今までコメントでいただいてきたご意見も参考にしながら、
改めてパレード要旨など、考え、発表していきたいと思います。
少々、お時間いただけるとうれしいです。

ちなみに、できたてほやほやの、
素晴らしいインタビューを発見しました。

http://www.youtube.com/watch?v=yVbRyLyT_I0&feature=youtu.be

今の現状について、それからこれから起こりうることについて。
そして、実際に、原発がなくなったら、本当に電力は足りないのか?ということについて。
本当に勉強になりました。

というわけで、前置きが長くなりましたが、
ブログのコメント欄は、中止にしようと思います。
もし、どうしても意見したい、という方は、
chronikasha@gmail.comに連絡ください。
よろしくお願いします。

あと、最後になりますが。
「ママ」というくくりについて、どうなのか、という意見もありました。
私は、これはこれで、いいんじゃないかなと思っています。
このパレードは、「ママの思い」ということを中心にやっていこう、
というふうに決めた、という、それだけのものです。
いろんなパレードやデモが、あっていいですし、
むしろそれをとても期待しています。

実はそういう動きが出てきていて、とってもうれしいんです。
思いさえあれば、一人でも、やれます。
私も、パレードとは別に、一人でも始めようかと思い始めました。

長くなりました。
次のパレードについては、今週中にまた、連絡いたします。

さぁ、行こう
争いも悲しみもどうか程々に
http://www.youtube.com/watch?v=NxIjBM0Y4rE

みなさまの健やかな日々が、
どうか守られますように。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ママ原

Author:ママ原
ママ原ホームページは、http://mamagen.jimdo.com

原発は必要だ、必要じゃない、放射能は危ない、危なくない。いろんな情報が飛び交っています。どんな情報を信じるかは、その人の置かれた状況によって違うかもしれない。でも、「子どもの健康を脅かすものは、いりません」というママの気持ちからならば、みんなつながれるのではないか。そう考えた福岡のママたちのネットワークです。合唱パレードや勉強会を企画しています。全国のママ、つながりましょう!
お問い合わせは、chronikasha@gmail.comまで。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。