スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第4回「ママは原発いりません」福岡パレード

天気は曇り、ときどき雨。お子さんが雨に当たらないよう、ベビーカーカバー、カッパなどの工夫をお願いします。心配な方は、教会に直行されてもけっこうです。風としては、放射性物質を心配する必要はあまりないと思われます(ドイツ気象庁)。

今回は、趣旨をしたためる前に、少し、
これからの「ママは原発いりません」(ママ原)の方向性について、
書かせていただきたいと思っています。

ママ原を始めることになったとき、
私たちママの頭にあったのは、少ない人数でもいいから、
何か声を上げたい、上げなきゃ、という一念でした。
2、3人でいいから集まって、歌を歌いながら街を歩こう、と。
そういう思いでした。

始めてみると、驚いたことに、100人もの方々が集まってくださいました。
それはそれは、とてもうれしいことでした。
うれしいことではあったのですが、子育て中の私たちには、
人数分の歌詞カードを準備したり、申請をしたり、先導したりと、
パレードを運営することが、とても大変になっていきました。
(もちろん、応援してくださる方々のお力があったからこそ、できたことでした)

その一方で、福岡では、いろんな方々がデモや活動を起こし始められました。
たとえば九州電力前では、現在も、座り込みや署名活動が続けられていますし、
5月8日にはサウンドデモ、6月11日にも多分デモが企画されるはずです。
私たちも、今後はそういった企画に賛同、随時、参加していく、
という方向性で進んでいきたいと思っています。

ママ原としての活動はというと、今後は月に一度くらいで、
ママ向けの交流会や勉強会をメインに据えていきます。
集合は今までどおり警固公園で、そこから会場までの距離は、
子どもたちと一緒にピースウォークすることも考えています。

でも、それは5月からのことです。
来る4月30日は、ママ原主催の、最後のパレードにしたいと思っています。
お時間のある方は、どなたもご参加ください。
私たちも最後のつもりでがんばっていきますので、ぜひ応援よろしくお願いします。
お付き合いいただいてきた皆様一人一人に、本当に感謝いたします。
ありがとうございました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「ママは原発いりません」福岡パレード


原発は必要だ、必要じゃない、放射能は危ない、危なくない。いろんな情報が飛び交っています。どんな情報を信じるかは、その人の置かれた状況によって違うかもしれない。でも、「子どもの健康を脅かすものは、いりません」というママの気持ちからならば、みんなつながれるのではないか。そう考えたママたちが企画した、合唱パレードです。

この企画の立ち上げ後、一番多くいただいているのが、「原発がなくなったら電気が足りなくなるではないか」という声です。しかし、実を言うと日本には、すぐに原発を止めてもまかなえるほどの火力発電所があります(参考映像:京都大学、小出裕章助教「原発なくても電力足りてる」)。まずは全国の原発を止め、火力から徐々に自然エネルギーに比重を移していくべきときだと考えます。幸いなことに、日本は世界でも有数の自然エネルギー資源大国なのです(参考映像:福井県立大学非常勤講師「4/2田中優さん緊急講演会」)。

「絶対、事故は起こさせない」という政治家の発言を、未だに耳にします。しかし、福島第一原発の事故はすでに、人間の「絶対」が、自然の猛威の前ではいかにもろく崩れ去るかを証明しました。しかも、ここは地震大国・日本。福島で起きたことは、明日にでも、日本のどこにでも起こり得ることです。

福岡市から50キロの場所にある玄海原発は、昨年末、地震もないのに、放射能漏れの事故を起こしました。その2、3号機を、九州電力は6月以降に再稼働すると発表しています。玄海原発で福島第一原発のような事故が起きれば、今、私たちを救ってくれている西風は、福岡のみならず日本全土を放射性物質で覆うでしょう。内部被曝によって、成長過程にある子どもは大人の100倍、胎児は1000倍の影響を受けると言われています。

起きてからでは、遅い。そう考える私たちは、次の二つを、活動のメインの目的とします。①2、3号機の再稼動は少なくともやめよう、という声を九州電力に届ける。②パレードを通じて一人でも多くの方に、私たちが今置かれている現状について、気づいていただく。

全国のママ、一緒に立ち上がりましょう! ちなみに、子どもを守りたいという気持ちのある方は、おじいさんも、おばあさんも、お父さんも、お兄さんも、お姉さんも、みんな「ママ」。大歓迎です。今まで電気を供給してくれたウランに「ありがとう」の気持ちを込めた上で、力強く「さようなら」を歌おうではありませんか。その後は、交流&勉強会です。

時間:4月30日(土)
   14時~15時 警固公園(公園から教会までパレード)
   15時半~17時 福岡国際キリスト教会(交流会)
お願い:大人も子どもも、緑のものを身につけてください
    みなさん、フライパンでもいいので、何か音の鳴る楽器をお持ちください!
主催:「ママは原発いりません」福岡パレード実行委員会

      お問い合わせは、chronikasha@gmail.com、トネまで。

◯今回の交流会では、17時半くらいから、写真家トミナガマイさんのスライドショー(ピアノの弾き語り付き)を行います。日常の、忘れたくない一コマを、こんなに優しく切り取ることができる写真家を、私トネは、ほかに知りません。そんな写真家です。どうぞ、お楽しみに。

◯放射性物質の到来が予想される日は、お子さんのご参加はお控えください。事前に、当ブログでお伝えします。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Twitterや携帯での拡散にお使いください。
【拡散希望】第4回「ママは原発いりません」福岡パレード!4月30日14時、緑のものをつけて警固公園へ。ママじゃなくても、子どもを思う気持ちがある方は大歓迎。フライパンでもOK、楽器持参を。5月再稼動予定の玄海原発2、3号機をSTOP!詳細はhttp://bit.ly/hqroOQ
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

当日は、次のような歌を歌う予定です。

「原発はいらない」

原発はいらない
でもやり方がわからない
脱原発が 脱原発が したい

放射能から逃げたい
でも逃げ場所がわからない
発電所は 日本全国に できてる

健康に育てたい
でもやり方がわからない
食べ物が 飲み物が こわい

原発のない日本を
一緒に作っていきたい
あなたとも 考えて いきたい


「ありがとうさようなら原発」

ありがとうさようなら 原発
今まではお世話になったけど
何かあったときに あなたが出す粒子が
私たちの子どもを傷つけるから
ありがとうさようなら 原発


「自然エネルギー」

風だ、水だ、地面の熱だ
もらおう、使おう、自然の力
どこまでいっても、きれいだな

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

P.S.孫正義さんが「自然エネルギー財団」を設立しました。
その会見で、原発についての知識がとてもよくまとめられていたので、
よかったらご覧ください。
http://www.ustream.tv/recorded/14195781#utm_campaign=www.ourplanet-tv.org&utm_source=14195781&utm_medium=social
スポンサーサイト
プロフィール

ママ原

Author:ママ原
ママ原ホームページは、http://mamagen.jimdo.com

原発は必要だ、必要じゃない、放射能は危ない、危なくない。いろんな情報が飛び交っています。どんな情報を信じるかは、その人の置かれた状況によって違うかもしれない。でも、「子どもの健康を脅かすものは、いりません」というママの気持ちからならば、みんなつながれるのではないか。そう考えた福岡のママたちのネットワークです。合唱パレードや勉強会を企画しています。全国のママ、つながりましょう!
お問い合わせは、chronikasha@gmail.comまで。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。